21世紀の歩み~道なき道を行く~

私が この現実にいて思うこと 日々つづります

守りたい人

今 大切にしたいと思える人たちがいる。

守りたいと心から思える人がいる

この想いとずっと出会いたかった

この意思にいきる人生を歩みたかった。

それが自分にとっての生きがいだと知った。

 

でも幼少期にその思いと決別した。

 

自分は出会えない、表現することができない

自分は誰一人として守ることができない。

 

母親は離婚でいなくなってしまった。

もしあの時、心の声を伝えることができていたなら・・・

後悔だけが募る

 

お父さんは一人でその後もずっと自分たち兄弟三人を育ててくれた。

自分は当時、お父さんをも守ることができなかった。

 

もしあの時自分が声をかけて支えてあげることができたなら・・・

 

思春期は父親を恨んでさえいた。

けれど20歳を過ぎて少し大人になって

自分で自分の道を決めなければならない時期になって

お父さんの気持ちを少しずつ理解できるようになった。

 

そしてきづいた。

「一番孤独なのはお父さんじゃないか」

自営業で社長をしている父。

社員はいない。

きまった休日はなく、ただ、家族のために働く父。

自分はなんて小さかったんだ。

そのことに気づいてから、大学が休みの日は

父が仕事に出てから帰ってくるまで、父の事務所で一人待っていた。

何日も何日も。

言葉では伝えることができなかったから、行動で示したつもりだった。

それは2014年の2月頃。

 

毎日のように涙した。

ごめんね ごめんね。

お父さんのことなんもわかっていなかった。

 

何よりもおかあさんがいない分、自分が支えてあげるべきだった。

そのことすらできなかった20年間。

 

それが愛というものだったのかもしれない。

 

 

ありがとうの一言さえ 照れくさくて言えなくて

愛しているの一言さえ 言えなくて大人になってしまった。

 

でも今は自分の意志を思いを伝えることができるようになってきた。

少しずつ

自分のなかにある想いを相手に伝えることができるようになってきた。

 

その想いを伝えることができた時、自分にとってこのうえ無い喜び

 

宇宙の外まで歓喜の叫びが響き渡る。

逆に言えば、伝えたい想いが出てきたときに伝えられないことは地獄となった。

圧縮圧縮・・・

それは自分にとって究極の地獄。

家族を守れなかった、家族がバラバラになってしまったトラウマがよみがえって

我を失う。過呼吸になる。あれこれと思考をめぐらすけれど道が見えない。

 

自分にとって、伝えたい想いを伝えられないことは地獄。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

想いを伝えられることの次元。

いままではその次元にとどまっていた。

 

でも

 

今は次の次元にいる。

 

誰かのために生きるという次元。

 

大切な人たちのために生きる

 

守りたい人たちがいる。

 

家族にはこれから毎日少しずつ愛を還元してこうと思う。

 

でも今は目の前に大切にしたい人たちがいる。

 

その人のためにも

自分は今を頑張らなければならない。

 

今この瞬間に精いっぱいを込めたい

 

それがじぶんにとっての生きがいであり、幼少期に

成しえなかったことだから。

 

大切な人のために生きたいと思うのは私にとって

この上ない喜びであり生きがいです。

 

幸せにしたい。守りたいし、大切にしたい。

そう思える人たちが今近くにいます。

 

今月が勝負。2年半駆け抜けた道を走りきって次のステージにいきます。

 

 

ごめんね/決意

ごめんね

私の中にたくさんのごめんねが積もる。

明日香 11歳の誕生日祝ってあげれなくてごめんね

弟や妹に毎年誕生日を祝ってあげれなくてごめんね

でも将来必ず、ありがとうで返すから。

今の勝負必ずやりきって、恩返しするから。

お兄ちゃんとして何もできなくてごめんね。

いま、自分にはやらなければならないことがある。

お兄ちゃんとして生きるのではなく

日本のため世界のために生きる自分です。

それが成就したら私を24年間育ててくれた家族に全く新しい自分でであいにいきます。

日本の悔しさを感じたこと

時代の涙を感じたこと。

宇宙の根源を追求したこと

2001年から一人になってたくさんのことを考えさせられました。

そして

2014年に母親と再会しこれまでの人生に一区切りつけました。

それまでの14年間は欠かせなかった。今となってはそう思う。

もし母親がずっとそばにいたら、今の自分はない。

17年前の父親の涙と母親の決断、それからの祖父母の意志、弟や妹の歩み

すべてが自分の人生を後押ししてくれたように思う。

今こうして、この場所に辿り着いて勝負ができていることも

歴史や時代が応援してくれているように感じるんです。

語ったらきりがありませんがこれまでの人生で不思議な経験をいくつかしてきました

気になる人はきいてください。

それらの経験がなぜあったのか、わかりません。

でも、ひとつ言えることはすべてこの場所に繋がっていたということ。

点と点がつながってどういう巡りあわせか、この場所に辿り着いた。

ずっと求めていた場所だった。

生きることが限界だった

究極の圧縮を背負っていたからこそ追求し続けた。

中途半端な勝負じゃここに辿り着けなかった。

母親がいたら、この場所にこれなかった。

何かが母親を私から離して、無口の父親を創り、多くのことを自分に考えさせた

自分の意志を奮い立たせるための場をセッティングした。

自分の意志を確かめるために。

そう感じます。

この場所に辿り着いて、まずしなければならないこと。

自分の存在意味価値を追求すること。

今迄に対する整理を完璧にしてこれからに生ききること。

過去の自分を選択する意味がないことを自覚すること。

過去の自分はこの場所に辿り着くために欠かせなかったと認めること。

あとはここから与えられた自分の使命を全うすること。

「あなたが必要だから」ただそれだけ。

過去からの決別。今ここから未来へ生きる決意。

家族には感謝しきれない。

様々な出会いを与えてくれた家族には感謝しきれない。

ありがとうと必ず言葉で伝えますからね。

わたしの想いは溢れんばかりに胸にたまっています。

表現したくて出会いたくてしかたありません。

どうかこの想いたちがすべて届きますように

ひとつひとつの出会いの意味は深い

こんばんは

なんだか今日からBlogらしい内容を書ける予感がしたので

デスクトップに向かっています

 

今までは、具体性のない抽象的な表現や文体が多く

私が日々何をしているのか不明と思われる方も少なからず

いらしたのではないかと思います。

 

私自身も、普段から頭を使うことが多く

考えに苛まれていたため、なかなか行動を踏まえた具体的な表現をすることができない現状がありました。

 

今晩、一仕事終えて、仮眠をとったあとに気づいたことがあり

その気づきから行動が180°変わったのでそのことについて

綴ってみようと思います。

皆さんにとって有益な時間となるように努めますのでよろしくお願いいたします。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて

 

ここ数日、なかなか運動ができずにいた。

しようしようと思いつつも考えに負ける。

 

「今日くらいいいか」その毎日で、気づけば1か月がたつ。

 

目先のことに気を奪われて、行動を選択してしまう。

 

気づけば結果的には、何もしていない。

 

すなわち、”観念”という名の鳥かごの中で生きていた。

 

完全に思い込みの世界です。

 

考えに生きるのか

行動に生きるのか

 

両方が大切だと思いますが

考えが生きるのは、体力があってこそだと

さっききづきました。

 

思考・感情が泳ぐ海である体力

 

体力がないと、その体力の中で思考を展開させるから

眠くなったりして自分に弱音を吐く機会が自然と増えていく。

 

体力=精神力かな

 

だから、考えて現状を突破することもさることながら

それ以前に、

運動をして体力や精神力を鍛えることの方がもっと大切だと気づきました。

 

それが生きる上での根本的なところ。

 

それがあったうえで初めて思考や感情が生きてくる。

 

だから、毎日、少しでもいいから運動を欠かさずに行おうと思うようになりました。

 

また、このように思うことは簡単ですが

現実はそんなに甘くないことも身をもって体感しておりますので

運動を毎日欠かさずにするにはどうしたらいいか

逆に、なぜ、今まで運動を継続して行うことができなかったのか

 

今日、23時ころから外に出て1時間ほど運動をして気づいたのですが

「何のために」今ここ走るのか

そのことを常に問いかけながら、一歩一歩を進んでいく。

何を意識しながら外に出て運動をするのか

 

その目的意識を養うためにも運動は大切な時間だと思いました。

 

家の中に閉じこもって、考えるだけの日々ではなく

毎日少しでも、宇宙空間の空気と出会いながら、自分自身の今ここの

目的意識を明確にしていく。

 

常に常に常に、今ここに生きるNew Life-Styleを今ここから構築していきます。

 

長い冬を乗り越えるためにも

目の前の人の人生を背負っていくためにも

自分自身の思考や感情を生かすためにも

自身の思考感情に責任を持つためにも

一人の女性を幸せにするときのためにも

仲間を大切に思うためにも

 

自分の身も心も鍛える。

今の自分が

一人の時にできるのはこれくらいしか無いのではないかと思います。

 

これからは毎日のように人と出会い

相手の心と向き合っていくことになりますから、

その時に、今までと同じLife-Styleにいきているようでは、元も子もない。

 

新しいLife-Style基準を構築して、そのLife-Styleを次元上昇させていきましょう。

常に今ここHITOTSUに生きる決断。

そこに尽きますね(^_-)-☆

覚悟

覚悟があるか❔

生まれてきて、生きて、死ぬ覚悟があるか❔

生きたまま死ぬ智慧を持つ覚悟があるか❔

 

人生は、一度きり。

 

一人ひとり、生まれてきた意味がある

 

その意味はその人にしかわからず

その人が在り方を通して伝えていくしかない

 

「生きる」

 

自分の意志で生きる

 

その意味をわからないまま大人になり

この世を去って行く人が多い

 

人生に対してどれだけ真剣に向き合えるのか

 

自分とは何なのか❔

真剣に生きている人がたどり着く問いのひとつ。

ひとりひとりが出会わなければならない問いがある。

今の世の中に疑問を持たなければならない。

 

 

本当の幸せとは何なのか

わからないといけない。

 

わかる覚悟を持てますか❔

 

 

 

誰にもきめさせない

目の前の現実に対する
意味付け価値付けは、自分がする

設計図

自分はどんなGameを設計してるのだろう

現実の自分と

無意識深く生まれる前からずっと共にいる
本当の自分の設計図

この体を道具に
自分の今世の使命を果たす。

自分がこのカルマを突破しなければ

後世に残してしまう

それだけは避けたい。

無言のメッセージ

言葉にしないメッセージ

 

それは

その姿を見た人自身が感じるメッセージ

 

言葉にすることも

言葉にしないことも

 

全て裏にはメッセージが込められている

 

そのメッセージを受け取ることの意味価値。

 

私はお父さんの背中からメッセージを受けとりながら24年生きてきました。

ほとんど言葉を語らない父親を最初は理解できずに恨んだこともありました

でも大学生になって、少しだけ大人になったとき

 

お父さんの気持ちが理解できるようになりました

 

私自身も言葉で語ることに慣れてはいません

伝えたいことも言葉では伝えられず、苦しい思いをしたこともあります

 

でも想いは一つで

 

 

それだけなんですよね

 

言葉にすることだけが全てではない

 

でも伝えるべき時は見極めて言葉で伝えようと思う