21世紀の歩み~道なき道を行く~

私が この現実にいて思うこと 日々つづります

その人そのもの

その人が好きだから

付き合います

人間としての在り方に惚れたから

ずっと共にいたいと思います

たとえ、世の中の決め付けた枠に
とらわれることなく

その人そのものと出会いたいと願います

父の過去

寡黙な父の過去を知った

決して、話しかけてくることはなかった父
(何か業務的な用事がない限り)

私は父のこと何一つわかっちゃいなかった

大前提がひっくり返って

父に対する認識が変わってしまった。

人類の涙の歴史とはこのことをいうのかな。。

(vol.12)大空へ羽ばたく

住み慣れた場所から離れる勇気

あそこでは自分でいられるけど

こっちでは自分でいられない

それは本当の自分ではないと思うのです

いろんな状況でいろんな自分と出会うこと

出会いたい自分にだけ
出会うのも有りだと思います

会いたくない見たくもない自分に嫌々会う 必要もないと思います

でも

条件によって変わってしまう自分で生きるのか
そこにとどまるのか

そう自分に問いかけます。

自分のなかに留まらず外に出る

もっと先の先をみて

いまの自分よりももっと先をみて

今ここを生ききる!

自分の判断基準から自由になって生きてみる

あなたの可能性はあなたが知ってる以上に
無限大に広がってるもののような感じがするのです。

(vol.11)あなたはあなたのままで

"あなたは

あなたのままでいい

周りの人びとが
あなたはこういう人間だと決めつけてきても

あなたはあなたのままでいい

回りに流される必要もない

合わせる必要もない

あなたはあなたでしかないから"

私の師はいう

「あなたの思う私はない
あなたの思うあなたもない
わたしが思うあなたもない
わたしが思う私もない

私が見てるこの現実は
私が創ってる現実
あなたが見てるこの現実は
あなたが創ってる現実

他の誰でもない
この現実は全て自分自身が創っている」

この言葉の意味が
自分の一番奥深いところと繋がって
理解し納得しています。

成功哲学引き寄せの法則を遥かに凌駕する
この現実を創り出す技術があります

[認識技術 観術]

私が24年間

"自分はこういう人間だ"
と思っていた自分のイメージは
春に溶ける雪のようにきれいに消えました

その自分に対する
固定のイメージから自由になれたとき
無限の可能性を確信した

この人生
すべて自分の認識が創造してるんだ!

その揺るぎない確信。

2016.10.9
この母の誕生日にその確信を胸に
私の第二の人生が始まりました。

そして、自分の人生の設計図を描いた

24年間の悔しさと涙を感じながら

今まで探し求めていた答えが
人類歴史の涙でもあったことがわかったとき
あの日の決断をした自分に

ここまで、

何者かわからない敵と闘い続けてくれて
ありがとう

といいました

もう、これからは
独立した意思で歩んでいく

この現実は自分が創っていることに
誇りと責任をもって歩んでいく

もう、言い訳はしない

そして、

これから先
出会う人びとへ伝えたい

あなたにしか歩めない人生がある。

だから、

今まであなたの歩んだ道が

どんなに棘な道であっても

どんなひどくて悲惨で絶望的な過去があったとしても
ここまで生きてきたあなたを抱き締めたい

それは人類歴史の涙だよ。

これから一緒にこの世界を創っていきましょう

私は責任もってあなたの人生を背負います

だから

あなたはあなたのままでいい

あなたらしさ
あなたの個性を無限大爆発させて構わない

それを邪魔できるものは誰もいないから

私は

本当の答えを知ってしまったら

誰も責めることができない理由が
あることがわかりました

今 この世の中で起きている
戦争やテロ、やまない鬱や自殺

その人類歴史の意味がわかりました

そして

今この時代に生きる私たちの使命も悟りました

私は

この意思で生きます。

常に

心に立ち返ることを忘れることなく

人びとの涙と出会っていきます。

だから

あらためて私に伝えたい

あなたは

その心の炎を灯し続けてください

苦しみも悲しみも全部抱き締めることができるあなただと思うから。

(vol.10) 羽ばたくこと

最近、母親と共に生活している

それで、コミュニケーションをする

私の現状を話すんだけれど、すべてを話せてないから、部分だけ見たら親としては不安に思うのか

「こうなってほしい!
昔はこうだったから
こうあるべきだ」

どんな基準かは確かではないけれど
その親の基準で私のことを観るから

それにそぐわないと
納得がいかないみたい。


親に感謝はするよ

けれど
親の思う通りの人間になる気はない
親の基準にしたがうつもりはない

親は自立しろと言う
けれど、
おやのいってることやってることは
それこそ
自立を妨げていると私は思うのです。

それは、親の中の基準でしかないから
知ってる世界から自由になれてない
過去にしか生きてない

私はね
戦後日本の3世代目にあたる世代。

日本は70年前にぼろぼろにされた
その基準から自由になれてない

日本は悲鳴をあげてるように感じるんです。

私がこの世に生まれてきた理由

それは

これからの時代を担う仲間と共に
時代を変えるため

世界の秩序をただすために

新しい基準をここから創っていくため。


これから時代は激動の傘下に入ってく

そこに対応していくためにいきる

もう、時代は大きく変わりつつある

それを3年前から感じはじめて

ようやくつかんだ切符。

未来を背負う責任があるから

そこの基準から生きていく。

だから、親には申し訳ないけれど
もう、
親の言うことを聞いてる暇はないのです。

私だけの勝負ではなく

これから先に生まれてくる人々に関わってくる

一世一代の勝負だと
少なくとも私は感じています。

もう、過去の基準に生きるのは苦しい。

新しい時代をつくっていきたい。

もしね、(vol.9)

(かなり長くなるんだけどさ)

3年前

あの決断してなかったら

こんな棘な道を
通ることはなかったかもしれない

兄弟とも
仲良くやってこれたかもしれない

普通に仕事もこなして
今では仲間と共に日々楽しくやってんだろうなって

きっと、長く付き合ってる彼女もいて
平穏な日々を送ってるんだろうなって

家族とも仲良く過ごしてるのかもなぁって

ほんとのことに気づかなかったら

でも、
同じパターンを繰り返す仕組みを
見てしまったとき

自分の内面と向き合いながら
この苦しみが、
4次元にあると薄々気付き始めたとき

自分が責任もって未来に意思を託そうと
決心した

気付いてしまった者の使命だっておもった

そして、ざわつく胸の中で下した決断が
今に至る道を敷いたんだとおもう。

あのとき
なんも気づかずに生きてたら
平穏な日々を送ってるんだろうなって。

でも、

そう思うと同時に


もうひとりの自分もいる。


その自分は

だれもあゆまぬ道をいき

そこで感じた限界が
なんか、未来意思に託されてるように感じて

この限界を突破しない限り

誰とであってもどんな挑戦しても
同じことの繰り返しをするだけだと思って

徹底的に、内観を繰り返す日々を送った

それで、1年前に
ほんとの答えに出会ったとき

あの時 気付いた感覚と繋がって

人類歴史の涙を背負った勝負をしていることに気づいて、おれがやらなきゃならないと感じたんだ。

たぶん、3年前に下した決断によって
このレールに乗っかっちゃって

今は、いろんな重荷背負ってるけど
必ず乗り越えてやるから。

信頼も失うかもしれないけど
生涯の傷がこの先付くやもしれないけれど
そんなの覚悟の上で
あらためてこの日から勝負してくから。

そう、

自分に言いきかせていきる。

24年間の自分を抱きしめて
25年目をいきる覚悟してるから

覚悟とは苦しさも伴うことを
承知のうえでくだすもの

おれはそう思います。

この決断の上の苦しさなんか
自分で乗り越える

25年目の意思は仲間と共に築いていく

それで生きるから。

自分のことで精一杯だとか
日本のためなんてバカな話だとか
言わせない

そんなこと言うやつらに
お前ら目覚ませよ!

そう叫び続けるから。

今のわたしは
そのわたしだから。

3年まえの
あの決断の直前
確かに覚悟しました
どんなことだって受け止めて
乗り越える覚悟を。
自分が責任をとるって。
未来の人たちが苦しむなら今自分が苦しんだ方がましだって

これが確か原点だった

それでも意志を。(vol.8)

もし、今の条件が変わったなら

どうなる'?

たとえば

環境の変化
人間関係の変化

つまり

外の変化
(外の変化といえ、それはすべて自らが創っている認識の宇宙。ここでは多様な5感覚情報を引っ張ってきて、脳の奴隷状態のこと)

いろんな条件が変わったとしても
(脳の奴隷になったとしても、この認識画面はOriginal Mindの産物であると論理とイメージで理解し)
Original Mindの意思に立ち返って
ひとつとなり
意志を貫ける?

歴史文明や時代の精神ともひとつになって

自分の志事に確信をもって
揺るぎない軸
条件付けされぬ意思を貫けるか

多数派に呑まれ、我を失うか

我が身ひとりになったとしても
意志を貫き通すか

何があっても変わらぬ意思と共に歩む

その不動志

ひとりいても満たされている状態
どこへ行っても
幸せ成功ワクワクの蓄積を起こせる

自分軸がしっかりとある人生を歩める

かといって、そこに縛られることもなく
大自由な心に立ち返れる。

生きるときはしっかりと生きる!
その、意思と共に歩む。

最高じゃん。

独立した意思決定。

今日は新月の日

お母さんに願い事した?といわれ
日付けが変わってしまったけど
願い事と言うより、意思を書いてみた。

願い事を書くとしたら
One World。
人間の無限の可能性
境界線なんてない世界を仲間と共に創る

さて、おやすみ
朝風呂にしよーっと。