わたしの歩み~出会いの襷~

私が この現実にいて思うこと 日々つづります

決断の先には必ず光あり (2014年2月1日)

この年は人生が大きく動き

 

歴史が動き

 

時代が動いた

 

「もう何にも縛られたくない

 

せっかくこの世に生を授かったのだから

 

自分にしか歩めない道を」

 

そう決心して小学三年生(母との別れの年)から

15年間続けた部活動生活に終止符を打った

 

どこにも所属していない自分がどこまでできるのか

何の肩書もない自分でどこまでやれるのかその挑戦であった 

 

しかし

 

現実は甘いものではなかった・・・

 

それが自分の自分との向き合いの始まりでした。

 

地獄の始まり

天国の始まり

 

時間の対称性

空間の対称性

人間の対称性

 

15年前に離婚で別れた

お母さんとの再会の9カ月前のことでした。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

常に常に、このメッセージの裏には無限大の可能性に

わくわくする

未来に対して希望溢れる私で

 

新同志創造のとき、自分自身の人脈に無限大の自信があり

胸を張って紹介している

 

常に

 

同志のこと

 

仲間のこと

 

世界のこと

 

日本のこと

 

にだけ関心があり

 

何もないのはego

 

そんな私が常にある