読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わたしの歩み~出会いの襷~

私が この現実にいて思うこと 日々つづります

暗い暗いトンネルの中(2014年3月)

 

自信がない

 

希望がない

 

目標がない

 

夢がない

 

楽しめない

 

笑えない

 

人を愛せない

 

人を大切にできない

 

そんな私は

人生で初めて

引きこもりになった

 

人生で初めて

死にたくなった

 

自殺する人の気持ちがわかるまでになった

 

光は一向に見える気配はなかった

 

けど

諦められない理由があった

 

それは

お母さんの存在があったからだった。

 

再会するまで死ねない

 

だから

生きた

 

強くなった自分を見せてあげるんだ。

その一心だった。

 

早く

 

出会いたかった

 

大学生にもなって

 

アルバイトもしたことがない(正確には、アルバイトをする精神的余裕がなかった。)

 

そんな私に

待ち受けるのは一年後の就職活動だった。

 

ただ、ただ、何かをしなければ、何かをしなければ

 

そんな思いで日々をすごした。

 

でも、自信がなくて、何も行動を起こせない。

 

就職活動があるという切迫感から

 

ボランティア活動をする意思を立てて

 

一人、大学のコンピュータ室にこもった夏の日

 

そこで私の人生が大きく変わる出会いがあった。

 

それが「富貴自然塾」という場所だった。