わたしの歩み~出会いの襷~

私が この現実にいて思うこと 日々つづります

未来へのメッセージ

 

心はわかっている

 

考え感情は心の産物

 

心はどんな時も共にいる

 

あの時のメッセージをふとした時に思い出す

 

今 私は 粒子

 

私は何者なのかのDefineをしていく

 

条件状況によって左右されないIdentity

 

・・・すべて道具

過去も未来も

 

そもそも過去も未来もない…いまここ

 

自らのい意思で。

 

「私はこういう人間だ」

 

としつつも

柔軟でどんな人とも交流を起こせる

 

相手に合わせた交流

※合わせる;自身が何者かわかった上での言葉;すべての言葉の大前提

主体が何者なのかによって解釈がすべて変わる

 

坂本勇人から学ぶ人生論

…24年目の人生だからこそ生まれたての赤子のような純真な在り方

 

条件状況によって言葉の意味も形も異なってくる

例えば・・・坂本勇人の「自信がない」この言葉の意味

自信があったら人の話も聞かない

 

自分の場合自信がないから人に話を聴かないのではなく

人に話を聴くこと;頼ること;が母親を失ったイメージと結びつく

人の話を聴くことはそういうこと。

 

だから自信をもっている。

自信をもって人に話を聴かなくてもいいように

 

・・・・果たしてその自信は心の底からくる自信なのか?