わたしの歩み~出会いの襷~

私が この現実にいて思うこと 日々つづります

生まれたころからずっとある 心の声を いまここに

最近すごく思うんだ

 

今の私は

もう第二の人生を歩んでて

 

一度死んでる身だからわかるんだ

 

私の使命がわかるんだ

 

ここまで連れてきてくれたのは

 

これまで23年間に出会ってきてくれた仲間たちがあったからだ

 

私は小柄でかっこよくもなくておしゃべりも上手じゃなくて

仕事もできるわけじゃないし

ずっと親元で不自由なく育ったからわがままなところもある

誰かに任せっきりで自分のことしか考えていないところもあるよ

 

でも

 

私の中に何かがあるんだ

 

生まれたころからずっと変わらない何かがあって

 

その思いがずっと胸の中にあるんだよ

 

でもね

言葉にできなかったの

 

お母さんがまだ一緒にいたころ

 

お母さんが苦しんでるとき、私の胸の中でわいてくる思い

 

それが、これまでであってくれた人にもあるんだ。

 

でも言葉にできなかった。

 

自然とわいてきたその思いを言葉にできなかった

だから母はいなくなっちゃった

 

言葉にしていたら

お母さんはずっとそばにいてくれた

かもしれない

 

これは

友人たちにも言えることだった

 

言葉にしていたら

まだ近くにいた人がいたかもしれない

 

今、母に対するそのような思いが

 

友人たちにたいしてもあるんだ

 

だから声を届けたい。

 

私の声を届けたい

 

私の声は私の声ではなく

 

日本の声

 

大和の涙

 

人類の涙の声

 

もう大丈夫だよって

 

だから目覚めろって

あなたが目覚めろって

 

小さいころからずっと胸の中にあった思いは

 

そのことの意味だと思うんだ

 

選ばれしものよ

 

あなたの中にある思いを

 

もう無限大に。。。出したいんだ。。。