21世紀の歩み~道なき道を行く~

私が この現実にいて思うこと 日々つづります

本当のことを知ってしまって これからの時代を生きるあなたに伝えたい言葉

(※とても長くなるから
無理して読まなくて大丈夫です
読んでくれたら嬉しいです)

昨日はNR1dayセミナーでした
もう何回目だろーってくらい受けてるけど
ようやくわかり始めてきた

それを受けて、
まぁいろんな方と思いの交流してて

感じたことというか、なんていうか
これまでの人生に対する執着が吹っ切れてね
書いてるんだけど

どうやら

思いを内に留めておく時代は
2015年で終わっていたようです

ちょっと気づくのが遅かった

これからは
発信する時代

今まで恐れてきた

"思いを言葉にすること"

…この事の意味…
23年間の人生を一言で表現すれば
「誰にも頼れず、一人で抱えてきた人生」

お母さんは気付いたら居なくなってて
お父さんとのコミュニケーションはほとんどなくて
3人兄弟妹の長男という立場で
しっかりしなきゃって思ってて
弱音が吐けず頼れず
一人で考えて生きてきた
誰かの力を借りるなんてあり得なかった

お父さんがしゃべってくれないのは
お母さんがいなくなったのは
自分が弱かったから
わがままだったから
泣き虫だったから
甘えてばかりいたから

と思い込んでいて

だから

"誰にも頼らずとも生きていける
自分になるんだ"

ずっとそう思って生きてきた

小学3年生の頃の決断は
ダイヤモンドのように固くなって…

そして、2年前 学生時代に
人生の絶望の縁に立たされてね

周りをみたら誰もいなかったんよね(笑)
家族関係は崩壊するし
人間関係紡げないし
恋愛もうまくいかないし

ああー人生終わったなーって
思ったっけな

夢もないし目標もない
やりたいこともない

人生で初めて…引きこもって…
命を絶ってく人の気持ちが何となくわかってしまうほどになって

でも
どこにいるかわからないけど
どこかで生きてる母に再会するまで死ねなくて

生きる選択し続けて

2014年8月に
ふうき自然塾と縁をもらって

年が倍くらい離れた ゆうやリーダーと
6~10才くらいの無邪気な子供たちと出会って

"人間の無限の可能性"と
"無償の愛"と
"境界線なんて無いこと"を
うっすら教えてもらったっけな

その一筋の光を便りに歩み続けたんだ

それで求めてた場所に
たどり着いてたよ(2015年の8月にね)

もう
本当のことを知っちゃったあなたは
全く新しい未来を築き始めている

思いを内に留めるでもなく

発信していく
怖がらず表現していくとき

これまで23年間
外に出せなかった
思いたちを
無限大に。

あなたの言葉を待ってる人が世界中にいる

だから もう
Mindome(Mind + home:心の家)
手離していいんだ

"人間は無限大の可能性そのもののはず"
"アメリカとか日本とか韓国とか
大人とか子供とか
そんな境界線なんて無いはず"

人生の絶望の縁に立たされた中、
生きる道を選び続けた時に見えた一筋の光

これを便りに歩み続けた

そして
"この場所"にたどり着いて1年3ヶ月

ようやく本当のことがわかっちゃった
23年間の意味も人類歴史の意味も
全部わかっちゃった

だから
"発信したい"って思った

いつも心感覚
存在に対する奇跡を感じて

あなたよ…
どこまでも どこまでも
突き抜けてみてよ

そのあなたを
みてみたい
2016.10.31



f:id:mjaxis:20161031142654j:plain