わたしの歩み~出会いの襷~

私が この現実にいて思うこと 日々つづります

私の妹

私が4歳の時に生まれた妹

いまでも覚えてる

妹が生まれる日

車で


病院へ向かったよね

夜だった

1997.5.9

私の三人目の兄弟。

私の妹。

嬉しくて嬉しくて。

この妹を守るために
私なりにがんばっていた

何度弟と喧嘩しただろうか

お兄ちゃんとしての役割
まっとうしてた

とにかく
大好きな妹ですが

ここ数年間まともに話せてません。

2年前の決断が関係を拗らせてしまいました。

「お兄ちゃんとして」

ずっとここに縛られて動いてきた。
すべての考えはここから。

すべての答えがわかったとき

呪縛がとかれて
いままでのすべてを抱き締めている私がいた

わびさびの出会い

だったんだ。

涙。

ひとつしかない。

あなたはどのポジションを選択するのか。

1秒感覚は病気だよ

意思感覚でこの現実を観たときに

革命家としての血が騒ぐ

あなたは何者?

なんのために生きているの?

どこへいくの?

ポジションgameだ。

すべてはひとつ。

2016.12.2(金)08:04