わたしの歩み~出会いの襷~

私が この現実にいて思うこと 日々つづります

夕暮れ時 ひとり

今日で6月が終わり

2017年も

半年が終わる

ひとり部屋にこもり

少し晴れた空に浮かぶ

雲の流れを見ている

そんなことをしているうちに

ただ

ただ

時間だけが

過ぎていく・・・




そんな一時を過ごしながら

今まで認識してなかった
心の"苦しさ"や"寂しさ"を感じる

なんなんだろ?

最近まで
ひとりだって
なんの苦しさも覚えなかったのに。

(正確には"苦しさを感じない自分になっていた"

というのがいいのかもしれないけれど)

2年前
この場所にたどり着いて

そこで

心から気を許せる仲間たちと出会ってから

なんだか人生が
よい方向に進んでいくのを感じていた

でも

私は、

「ひとりでいきるんだ」

と無意識深くで決断しているからなのか

どこかで、彼らとの距離をおいていた

でも、

本当は

たくさん交流したいって思う自分

ひとりでいきるのではなく

多くの人と手を取り合って生きていきたい



願う私がいる


もう、ひとりで生きなくていいんだよ

2年前にこのメッセージをきいてから

最初は受け入れられなかったけど

2年の月日を経てようやく

心が柔らかくなり

本音を感じ始めているように思う

苦しいって

思いたくても思えなかったから

寂しいって思いたくても思えなかったから

表現することができなかったから

感じることをいつの間にか忘れていった

やっと

そのことに気づけましたんだと思います


24年間分の思いを

すべて出していくこと

まずはそこから。

ずっと

生まれた頃から

表現することが×だと思ってしまい

心では

愛を表現したいと願っていた

けれど、

自信のなさからなのか
恥ずかしさからなのか

心のうちで思うに留まり

お父さんやお母さんに

一度も

表現することなく

気付けば小学3年生に上がる頃には
家族はバラバラになり

私は
そのことに長男として負い目を感じ

誰にも迷惑をかけない
ひとりでも生きていける強い自分になる
と決断した

家族がバラバラになってしまったのは

誰が悪いわけではないのに

自分に責任を感じて

道をさだめて歩み始めた16年前。

いつしか表現することをあきらめていた


16年か・・・


でもようやく

心は素直になり始めてきたのを感じます。

だから

何がいいたいかというと

「ありのまま表現していくよ

綺麗なことばかりではなくて

自分のなかで境界線を張り
感じちゃいけない
表現しちゃいけないと
固く思い込んでいたこともなんでもすべて


ありのままに表現していくよ。」


ってこと

人間が規定した ×○基準なんかに惑わされず


ありのまま


感じることを表現していく

"表現していいんだ "

そう思えるように
ようやく
なったのかもしれません(*´ー`*)

心が軽くなり、兆しがみえはじめました。

7月はたくさん表現しよう(^ ^)

おわり。