”歴史”を紡ぐ旅をしよう

一緒に歴史を創りませんか?

ありがとう

ここまで

生き続けてくれて

支えてくれて

ありがとう

あとすこしで

この旅もおわりそう。