”歴史”を紡ぐ旅をしよう

小さな田舎町で育った20代若者の戯言日記

Vol.131【心の作業】

あらゆる現実にたいして

どんな思いを選択するのかで
蓄積される過去が決まってくる

つまり
どんなアイデンティティ→エネルギー→イメージ→エモーション→シンク→フェイス→ワード→アクションを選択しているのか

そのためには
まず、本当の自分に出会う必要があります

この体だけが自分だと思ったままだったり
過去が実在したものだと思うままだったり

その状態では
今ここで意思をもって思いの選択を自由自在にすることはできません。

だから、まずは
このからだが自分と思ってしまう人類歴史の涙を理解することです。

過去に蓄積したイメージも、実在したものではなく
そのときの解析の結果でしかなく
今ここで過去にたいしての整理整頓をかけることができるのかどうか

根っこにどんな栄養分を与えるのか

自分自身をどう思うのか

また、

心の意思で解析し直せるだけの
大自由な心とひとつになってるのか

そこが、人生を幸せに生きる上で何よりも大切なことになります。

私としては
先日に、とてもショックなことがありました。
受け入れたくない現実を受け入れなければならない。

そのときに無意識的に行っていたのが
心の作業でした。

今は、全てを受け入れて
今ここに向き合うことができています。

この現実は錯覚で夢の世界であることが
論理とイメージで理解できたときに

どんな思いを選択しても自由で
結果的に幸せになればそれでいいことがわかるので、事実に関係なくてもそれはそれでいいんです。

間違ってるも正しいもないのですからね(^^)